読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症介護 二重生活

認知症の母の介護のため自宅と実家の二重生活を送る日々の日記です。

3日目

朝6:00

今日は深夜帯に起きだすこともなく、

朝起きた時の表情も調子が良さそうだ。

起きて早速、朝食を作れるか聞かれたので

ハムと卵を焼きパンと一緒に食べてもらう。

 

食事中、お前は結婚したのかと聞かれる。

妻の名前も知っていて、元気にしているかと事あるごとに聞いてくるのに

結婚したことは思い出せなくなっていたみたいだ。

調子が良さそうと感じたがそうでもなかった。

 

父が外出のため準備を始めると

主婦スイッチが入ったのかエプロンを着はじめて、

服を畳んだり、片付けをはじめだす。

以前と比べて緩慢になった動きを見てしまうと

なんでも手を出してやってあげようと思ってしまうが

できることはやってもらうことで本人もいきいきしてくるようだ。

 

父の外出を見送ると疲れたのか

今はコタツで居眠りしている。